私にとってのJSKS ~復活定期戦に向けて

私にとってのJSKSのメンバーは、JSKS現役主将の村上君の言葉にもあるように、「最大のライバルでもあり、最高の友でもある」でした。当時は、ラグビーで切磋琢磨しながらも、プライベートでもよく交流をしていました。日比谷高校ラグビー部仲間であった、JS岡田君、GW勝沼君、杉山君が中心となって、大学2.3年の夏は離島に旅行し、

4年時の卒業旅行は確かJS4名、GW4名の8名で2週間アメリカ横断の旅をしました。

今でも大切にしている思い出です。

話をラグビーに戻しますと、私は4年時のJS戦には出場しておりません。当時のKCRFの最終戦に、主将であるにもかかわらず病気で欠場という苦い思い出が残っています。

どうか、現役の皆様には、この伝統ある試合にベストのコンディションで臨んで頂き、良い思い出を作って貰えればと思います。

最後になりますが、JSさんには紀行という3歳下の愚弟がお世話になりました。その意味でも、JSさんは私にとってもっとも身近な存在なのです。

1987年卒GW主将 佐藤(B作)聖仁

B作

トピックスアーカイブ