2018年定期戦に向けて JSKS女子マネ―ジャー 慶應義塾大学JSKS ラグビーフットボールクラブ
マネージャ 山内いずみ

昨年参加したこの定期戦はシーズンの締めである試合ということもありラグビー部のマネージャーを経験したことがなかった私はすごく緊張していました。しかし、それ以上に横河電機グラウンドという立派なグラウンドで試合を行い、たくさんのOBの方々にお会いして、驚きとともに長い歴史を持った伝統のあるクラブチームに入ったこと、またその誇らしさを実感じたのを覚えています。

毎年行われているGWとの対談や交流会ではマネージャー業をお互い伝え合う事でとても刺激を受けています。GWのマネージャーはJSKSよりも多い分、各学年でやるべき仕事や習得することなどしっかりと決められていて、かつそれをこなしているのです。このことを聞いてJSKSでもGWの仕事や役割分担の制度などを参考にして、お互いにより効率のよいマネージャー業を行なっています。このようなことができるのも交流できる機会が多いチームだからこそのものだと思っています。

GWとはマネージャーだけではなく選手も他のチームに比べ仲が良いように思います。今年の夏合宿のオフの日で私は同期と草津に行ったのですが、偶然そこで同じく同期でオフを楽しんでいたGWの皆さんに会い一緒に湯畑を背景に写真を撮るという場面があり、すごく良い思い出になりました。

このように普段から親しくお互いを尊重し合っているからこそ試合ではフェアプレーができ楽しくできるのだと思います。

昨年度でJSは見事2部から見事昇格し、GWと同じ一部として多くの試合で戦えた年でした。そんなGWと今シーズンも素晴らしい締めとしていい試合ができるように試合に臨みます!!

メッセージアーカイブ