何としても勝ちたかったGW戦(1961)

慶應J.S.K.S.クラブ 1962年卒 金子 勝美

2016年11月

 

スポーツの試合には勝者が居れば必ず敗者が存在するのは当たり前のことであり、敗者にはなりたくないので、日頃から練習に精を出している。

それが当時の関東大学クラブリ-グとなれば、優勝をするために、誰しも1年間のつらい練習にも耐え頑張ってきたのである。

入学以来一回も優勝していなかった我々4年生にすれば、1961年12月のGW戦に勝てば優勝と言う絶好のチャンスが巡ってきたのである。我々の好敵手であるGWを何としても打ち破って、関東大学クラブリ-グの優勝を勝ち取りたかった。

 そのための方策の一つとして、それまでやったことのない2泊3日の直前合宿を企画し、中野の日火クラブに泊まり、全員の気持ちを一つに纏めることとした。

明けて当日、多摩川オリンピアラグビー場に集合し、最後にJSKSとGWによる優勝をかけての戦いが始まった。

両者ともガードが固く、一進一退を繰り返した。終盤では、JSが3トライ/2ゴールの13点、GWは2トライ/2ゴールの10点でJS3点のリードで、残り時間1,2分の最終盤を迎えた。

この時ボ-ルはGWが支配しており、JSは必死の防御をしたが及ばず、同点、のトライを許してしまった、そのゴ-ルキックも成功して逆転されたところで、ノーサイドのホイッスルが鳴って、JS13-GW15で優勝を逃してしまった。

その時出ていたメンバーが集まると、必ず50年前の試合の逆転の話になり、あれは俺のタックルミスだったーごめんと謝ったり、あのキックをタッチに出しておけばノーサイドだったかもと悩んでいる等の話になる。

 その頃大阪ではJS/GW共にOB人数が少なかったので、合同で浪速ヒフティーンズと言うチ-ムを立上げ、試合をして楽しんだ。今でも定期的に、その時の仲間と盃を傾けながら話しをすると、50年前の試合の時の話が出てくるので、面白い。

 

それにしても「何としても勝ちたかったよあの試合」
 

(東京中日新聞掲載記事より照会)

 

J.S.K.S.                                          GWRC

         8                 前半                  3               

         5                 後半                 12            

        13                合計                15              

 

J.S.K.S.                                          GWRC

山本                 FW                   吉田

近藤                                             塩沢

北井                                             岡宮

寺岡                                             嶋内

待井                                             伊藤

佐々木                                         山口

土屋                                             重村

小林                                          長谷川

高梨                 HB                   井元

久保田                                         岡

高田                 TB                    渡辺

池松                                             門脇

小川                                             川上

永島                                             清水

月館                 FB                    浜

 

トピックスアーカイブ