2017年定期戦に向けての意気込み 慶應J.S.K.S.クラブ
マネージャー 西山真央

昨年はJSKS一年目にして歴史ある定期戦の復活に立ち会わせていただきました。試合当日、立派なパンフレットや想像をはるかに超えるOBの方々の数に終始圧巻されていました。慶應義塾大学でスポーツする多くの人が憧れているであろう日吉競技場という場所で、のびのびとラグビーをするプレーヤーを見て、こちらも気持ちの良い気分になったことを覚えています。

私は昨年、定期戦の後の交流会でGWの同じ学年のマネージャーと友達になり、プライベートでもお互いのチームの近況を話したり、マネージャー業について話すことで多くの刺激を受けていました。そして、その後の大会や、練習試合で会えることが一つの楽しみになりました。このように思うのは、プレーヤーも同じようで、定期戦などをきっかけに友達になり、試合の際には仲良く話す場面もよく見かけます。
このような交流による良い関係性がフェアプレーにつながり、気持ちのよい試合ができるのだと思いました。今年入ったプレーヤーやマネージャーのみんなにも、たくさんの人と繋がりを持ち、より充実したJSライフを送ってもらえたらと思います。

今年度は、GWは一部、JSKSは二部となってしまいましたが、必ずや一部に昇格し、来年の大会で良い流れでGWと試合ができるよう、定期戦では、チーム一丸となって勝利を掴み取ります!
当日はぜひ会場にお越しいただき、暖かいご声援のほど、よろしくお願い致します!

メッセージアーカイブ