2017年定期戦に向けて 早稲田大学GWラグビークラブ
マネージャー牛山梨奈

早大GWラグビークラブ、4年マネージャーの牛山梨奈と申します。

常日頃OBの方々と接する機会が多く、その都度各代が紡いできた歴史を感じていました。
昨年の復活定期戦では公式戦とは違う特別な雰囲気に包まれていたように思います。
世代を超えた多くの方々が試合に足を運んでくださったのを見て、改めて両クラブの歴史の長さを実感しました。
同時に、いつまで経ってもラグビーを通して打ち解けあえることに感動致しました。

定期戦以降、慶應J.S.K.S.との交流が増え、よりお互いを意識するようになりました。合同練習の他にもBBQといった行事を通して顔なじみも増えました。
普段は互いに冗談を言いつつも、試合では真剣勝負、と切り替えている両チームは良きライバルとしての関係が築けているように思います。

今回の2017年定期戦は4年生となった私にとっても残り少ない大事な試合の一つです。最上学年になり、同期がチームを引っ張っている姿を見ると毎回胸が熱くなります。
私たちマネージャーも選手が気持ち良くプレーできるよう、日々試行錯誤しながら動いてきました。チーム一丸となって残りの試合を勝ち進み、最高のコンディションで定期戦を迎えたいと思います。
今後とも末永い関係を築いていけるように今年の定期戦を盛り上げていきます。

最後に、OBの皆様の多大なるご支援に感謝を申し上げます。引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

メッセージアーカイブ